海外への進出

海外への進出

海外戦略は大きく2つに分かれます。1つは外国に拠点を構える海外進出であり、
もう1つは本店の日本を拠点とする海外取引です。海外進出には大きく分けると

  • 駐在員事務所の設置
  • 支店の設置
  • 現地法人の設立

の形体があります。
これら海外進出にかかる税務の取り扱いにおいては、原則海外現地での課税が発生し、また国内親会社と海外子会社との取引において国際的二重課税の問題が多々生じます。この問題を予め予測し、租税条約や外国税額控除により二重課税を調整することが、海外進出にとっては非常に重要となります。