海外との取引

海外との取引

海外戦略は大きく2つに分かれます。1つは外国に拠点を構える海外進出であり、もう1つは本店の日本を拠点とする海外取引です。 海外取引には、

  • 輸入、海外にある権利等の使用、海外出張や海外慰安旅行等を例とする、商品や役務を外国から購入する取引、(外国→日本の取引)
  • 輸出や海外に保有権利等を使用させる等を例とする、商品や役務を外国に販売する取引(日本→外国の取引)
  • 外国の商品や役務をそのまま他の外国に販売する取引(外国→外国の取引)

があります。
これら海外取引にかかる税務の取り扱いにおいては、国内取引と比べ異なる点も多く、また外国の税金が課される事もあります。 さらには国内法と外国税法との調整の為、租税条約が締結されている場合もあります。これらを予め把握することにより、 税金の納付や海外への支払が過大となる事、又は外国からの収入が過少となる事等を防止する事が可能となります。