さらなる成長へ

さらなる成長へ

国内市場が縮小化、選別化をたどる中、経済のグローバル化は加速度を増す一方であり、コストパフォーマンスのより高い商品やサービスの追求、又はマーケットの拡大等を図り、海外との取引や海外への進出を実施する事は、企業にとって重要な成長戦略の1つと言えます。

しかしながら、企業が国境を超えて取引を行うときには、その取引にかかる利益についてどこで課税がされるのかといった問題が生じます。経済はグローバルですが、税法はその国や地域により様々であり、税率はもとより課税される利益の種類も多種多様となります。それがゆえに1つの利益に対し、日本及び外国で2重に課税がされ、コストの増加につながるリスクもあります。

この二重課税というコストの増加リスクは、予め外国現地の税法や外国現地との条約の把握により、回避や軽減が可能となります。また回避が行えなかった場合においても外国で課された税金と日本で納める税金とを精算し、二重課税を軽減する事が可能な場合があります。
また外国の法人税率は一般的に日本に比べて低い事から、海外戦略の結果、1企業グループ全体で判断すると、納税コストを下げられる場合もあります。

海外戦略においては、市場や品質、雇用環境といった条件が大前提となりますが、今後の展開に応じ予めタックスプランニングを組む事も非常に重要な事項となります。

私たちは、海外取引、海外進出といった海外戦略を企業成長戦略の1つと捉えるお客様に対し、そのステップに応じ最適なご支援をさせて頂きます。

海外との取引をお考えの企業様へ

海外への進出をお考えの企業様へ